G-ECS PILE

様々な地盤で最大級の支持力係数を発揮する。

当社は、環境に優しく、狭小地や搬入路での施工も可能な
G-ECS PILE(ジーエクスパイル)工法を導入しています。
シンプルな杭デザインや施工機の小型化によって、製造・施工のコストダウンも実現!
建物と建物の間など、スペースの限られた中での作業依頼が多い現代の
基礎施工が抱える課題を解決した工法です。

G-ECS PILE工法とは?

ABOUT G-ECS PILE METHOD

株式会社三誠の開発した銅管杭基礎工法です。
基礎工事で一番大切な「支える」技術を追求して生まれました。
性能、安全性、環境、コスト、工期、あらゆる面で高いパフォーマンスを発揮するので、
様々な現場で採用されています。

GREAT

= GREAT 【強力な支持力】

高い技術とノウハウで、独自の杭先端形状を開発。
他に類をみない強力な鉛直支持力と引抜き方向支持力を発揮します。

ECOLOGY

= ECOLOGY 【環境に配慮】

独自の新工法で水質、土壌の汚染をなくし、さらに低騒音・低振動を実現。
環境に対する様々な工夫と配慮が施されています

COST

= COST 【低コスト】

杭形状をシンプルにして製造コストを抑え、施工を簡素化して施工費ダウンを徹底。
コストを抑えながらも高いパフォーマンスを実現します。

SAFETY

= SAFETY 【高い安全性】

厳しい国土交通大臣認定基準をクリアした「G-ECS PILE工法」は、多様な地盤に対応。
施工時の安全性も抜群です。

G-ECS PILE工法5つの特長

5 FEATURES ABOUT G-ECS PILE

ローコスト&ハイパフォーマンス。
G-ECS PILE工法が実現する基礎杭の理想形、5つの特長。

POINT 1

強力な支持力

シンプルな独自の先端デザインが強い支持力を発揮。
二枚刃構造で掘進性能を向上させ、杭先端の地盤を乱しにくくすることで支持力大幅アップを実現しました。

POINT 2

業界トップクラスの引抜き方向支持力

シンプルな先端デザインは、地震、風圧、施工荷重による引抜きに耐える高い引抜き支持力も発揮。
特に粘土質地盤への対応は業界初です。

POINT 3

低騒音・低振動、排出残土ゼロ、
環境汚染なしのエコロジカル工法。

回転貫入工法なので産業廃棄物(排出残土)が出ず、土壌や水質の汚染がないエコロジカルな工法です。
さらに低騒音・低振動で現場周辺環境にも配慮。杭の撤去も容易なので、土地の再利用を助けます。

POINT 4

施工の短期化と低コストを実現。
一貫した管理体制で高品質も保証。

杭形状をシンプルにしたことで製造コストを抑え、施工も簡素化し、短工期と施工費ダウンを徹底。
材工一貫管理し、第三者機関による製品検査体制も整えているため高品質です。

POINT 5

狭小地や高さ制限がある場所など、
様々な施工条件に対応。

小型の専用施工機械を使用するため、住宅地やオフィス街などの狭小地でも施工可能。
短尺リーダーを使用し、建築物内などの高さ制限のある場所でも施工できます。

最大級の支持力係数を発揮する理由

REASONS

独自の杭先端デザインが、押込方向、引抜き方向で業界トップクラスの強力な支持力を発揮。
業界初!粘土質地盤、無溶接継手にも対応。最小有効杭長は5m。

2枚刃とすることで掘進性能を向上。

たて板の効果でねじりに強く、
スムーズな回転貫入が可能。

杭先端の地盤を乱しにくい構造で、
支持力大幅アップ

G-ECS PILE工法施工手順

CONSTRUCTION FLOW

杭打機・杭材の搬入

FLOW 1

杭打機・杭材の搬入

コンパクトな専用施工機のため、機材の搬入は迅速かつ容易。鋼管杭の特徴を生かし、搬入条件に合わせて杭長の組み合わせを選択できます。

杭の建て込み・杭芯固定

FLOW 2

杭の建て込み・杭芯固定

杭を建て込みます。他工法に比べて杭重量が軽く、転倒の危険もありません。定規で確認しながら、杭芯からのズレを最小限に抑えて施工します。

回転埋設

FLOW 3

回転埋設

垂直性を適宜確認しながら回転埋設していきます。ズレが生じた場合は逆回転させて引抜き、施工し直します。発生残土がなくエコロジーです。

杭の接続

FLOW 4

杭の接続

上杭の垂直性を確認し、全周溶接をします。

施工完了

FLOW 5

施工完了

杭の接続以後、順次回転埋設していきます。認定基準により、支持層の確認、根入れを行い、施工完了です。

G-ECS PILE工法打ち止め管理

FINISHED CONTROL

きちんと「支える」ために打ち止め管理の基準は以下の通りとします。

回転埋没

PR値≦支持層確認管理値

支持層上端とする

支持層への根入れ

PR値≧支持層上端確認
管理値×0.3

1Dp以上根入れ

トルク≧くい体の
短期許容ねじり強さ

※PR値とは

杭一回転あたりの地中への貫入量を指します。打ち止め管理は、トルクを参考としてこのPR値によって行います。

施工完了

終了

打ち止め管理の基準

CRITERIA OF FINISHED CONTROL
  • 支持層上端より1Dp以上根入れを行い、打ち止めとします。打ち止め根入れ時、杭の逆転・反復掘削は行いません。
  • PR値が「支持層確認管理値」の30%以下になった場合、1Dp以上根入れがなくても支持層に達したと扱います。
  • 打ち込みトルクが鋼管杭の短期許容ねじり強さを超える場合は、1Dp以上根入れがなくても支持層に達したと扱います。
  • 地盤調査結果から設定した支持層の深度まで圧入しても支持層が確認できない場合は、そのまま圧入を続けます。長さが足りない場合は、逆転して杭を抜き、継ぎ足して再度圧入します。